×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デザイナーワニー・ディ・フィリッポ

イルビゾンテのデザイナーは、1945年にベネチア近辺で、ワニー・ディ・フィリッポは誕生する。車のパーツの販売をしながらパリのアートスクールの通信講座でアートについて色々と学ぶことになる。結婚後に妻の親戚のバッグ工場で経験を積み自分の好きな水牛を刻印したデザインbagイル ビゾンテ(IL BISONTE)を完成させる。拘りぬかれた職人の手による革製品は使えば使うほど色が深くなって革が柔らかくなり味がでると評判で日本でも東京大阪福岡の主要都市など全国的に大人気で上質な高級レザーを使った財布やキーケース、ベルト、ブーツ、サンダルなどがイルビゾンテの中で人気があります。最近ではレザーウォレットが男性にものすごく受けがいいようですね確かにロングウォレットはシンプルでクールなデザインナので普段チェーンをつけて後ろポケットに男の人が入れているウォレットを少しグレードアップさせた感じなのでそれも納得です

イタリアの革製品

イルビゾンテはイタリアの革製品を主に扱うファッションのブランドでフィレンツェ・ミラノ・パリニューヨークやビバリーヒルズにも直営店をもつ人気有名ブランドで日本でも大人の魅力を引き立たすようなデザインのバッグからカジュアルな路線のバック・財布は長財布やウォレットチェーン付きまでイルビゾンテのデザイナーの幅広いデザインがあり・アクセサリーはキーホルダー・ブレスレット手帳などで、ブランドのロゴになっているバッファロー(水牛)とスター(星)の刻印された製品があります。レザーを知り尽くしているからこそ生み出すことのできるようなこだわりの職人魂を感じ取る事が出来るイルビゾンテ製品は通販ショップでも大人気

ブランドコンセプト

イルビゾンテのレザー製品は、持つ人日常生活にあわせアメに濡れた日はバッグも濡れて。日に当たった日にはまたバックも日焼けを起こすといったような。その人と共に少しずつ進化していくものと言った感じがブランドコンセプトだと職人である、ワニー・ディ・フィリッポさんが語っています。当然それだけの月日を共にしたらイル ビゾンテ製品は、使用感が味となり自分になじんできて使い込めば使い込むほど味がでるといった感じではないでしょうか最近では新製品でもダメージ加工やウォッシュ加工などが施された財布やバッグをよく見かけますが、物のよさと言うのは瞬時に理解したりわかったりする事ではなくイルビゾンテの財布やバッグのレザーのように使い込んだり持ち歩いたりしていくうちに自然に現れてくるものなのだと感じさせられました。

Copyright © 2010-2012 イルビゾンテは財布やバッグ人気